[8月25日]ロッテ1-4日本ハム古谷に打撃直撃!増井に完投をゆるす!

どうも!管理人のトシです!

今回は8月25日のロッテ対日本ハムの

試合の結果について書きます。

 

日ハムとの試合3連戦の最終戦!

この試合はなんとしても勝って3タテを避けたいところ。

先発は唐川がわき腹を痛めて

代わりに上がってきた古谷!

日ハムは抑えから今年の途中先発に転向した増井。

唐川は重症でないことを願います。

ほんと唐川がいなくなるのがこんなに痛いとは

シーズン初めは全然想像できませんでした。

ごめんなさい。

 

試合は序盤から動く!!

先制点は日ハム!

陽がフェンス直撃の2塁打を放ち、

西川が送り、バッター大谷!

ただ大谷はピッチャーごろに抑え

中田が打席にたつ!

古谷が投げた球がどんづまりでレフト前に落ちる。

日ハムが先制!

これは運がなかった。

次の回に期待したいです。

 

    古谷に打球が直撃!

3回表、陽の打った球が古谷を直撃!

ボールはマウンドに落ちそのまま1塁に投げたが大暴投!

陽は3塁へ。

古谷はそのまま降板。

古谷はその後診断の結果

左母指中手骨骨折となり、

全治3か月となり今季は終了となりそうです。

もう少し見たかったです。

 

    ピッチャーは変わって阿部

おそらく緊急登板となった阿部。

肩ができていないため何点かはしょうがないと

見ていました。

タイムリーを3本打たれました。

ただ4回5回6回と無失点で抑えたのはよかったです。

 

    打線は7回に…

7回、清田がセンターにヒットを放つと

大地がタイムリー2ベース!

2アウトから1点とれたのはよかったです。

ただこの1点どまり。

打線が重症ですね。

これだけ打てないとどうしようもない。

 

    一方ピッチャー陣は

7回と8回は田中が投げ無失点!

こういう風に地道に無失点を積み重ねてってほしいです。

中継ぎというのはどうしても

日の目を見ない役職であるが

コツコツと無失点を続けることが

信頼を得れます。

内とかほとんど怪我でいないですが

絶大な信頼を得ていますし(笑)

田中も主力がいない今頑張って勝ち継投になってほしい。

 

    増井が完投!

日ハムの増井に完投されてしまいました。

ほんと打線が不甲斐ない。

打撃コーチは何してるんだ。

打線は水物といいますがここまでだめだと

打撃コーチは何しているんだと言いたくなります。

どうしてヒットは出ているのに

ここぞの一本が出ないのでしょうか。

 

    最後はいい点を

今日の試合はミスがなかったように感じます。

守備面で無駄な失点がなかったと思います。

このような試合を続けていけばいずれは

勝てます。

 

マリーンズファイティング!!

[8月24日]ロッテ3-5日本ハム9安打を放つもミスもあり負け。

どうも。管理人のトシです。

台風過ぎましたがまた来てますね。

今回は8月24日

ロッテ対日本ハムの試合の結果について書きます。

 

    スタメン1番ナバーロ

今日のスタメンで一番驚いたのが1番ナバーロ。

ナバーロはセカンドを守る外国人で

出塁率が高いため1番での起用だと思われる。

また得点圏打率も割と高く、勝負強い。

だからどこの打順を打たせればいいか悩ませる存在です。

個人的には6番を打たせたいですけどね。

チャンスで回ってくるか先頭バッターで回ってきそうなイメージがあるんで(笑)

 

    先制点はファイターズ

初回、1アウトランナー1塁3塁のピンチ!

バッター中田。

打ってサードゴロゲッツ―コースかと思いきや、

セカンドナバーロが送球ミス。

ほんと最近ミス多すぎ。

去年のヤクルトが優勝した理由知ってますか。

ゲッツ―を確実に取るということを意識し始めたからという説があります。

アウトを確実に取り相手のチャンスの芽をつぶす。

そしてピッチャーの球数を減らす。

シーズンを通してやれば相当な数にのぼりますよ。

ミスがなければこの点は入らなかった―

ロッテはセカンドの守備を軽視しすぎです。

外国人に頼ってないでセカンドは日本人が

やってほしいです。

連携プレーもありますし。

    ナバーロ汚名返上のタイムリーツーベース!

ただ次に点を入れたのはロッテ。

ランナー1塁2塁でナバーロ!

打ってタイムリーツーべース。

得点圏ほんと強いね(笑)

こういうことがあるからナバーロって外せないんだろうね。

でもすごいむらっけあるから休み休み使ってほしい。

 

    追加点は日本ハム

3回表1アウト1塁からバッター中田。

再びサードゴロゲッツ―かと思いきや

サード奨吾が握りなおして1塁のみのアウト。

これほんともったいない。

しょうもないミスが多すぎ。

これで残したランナーを田中に返され同点。

そのあとの清田のファインプレーはよかった。

 

    チャンスは作ったが動きがすべて裏目に

今日も再三チャンスを作りましたが

エンドランが決まらずゲッツ―が非常に多かった。

ものすごくもったいなかった。

伊東さんとしては昨日チャンスで点が入らなかったから

動いて点を取ろうとしたんでしょうね。

流れってこんなに影響するのかと今日は感じた。

 

    その後両者1点づつ加え後半戦へ。

今日は高野がよかったね。

あんなに気持ちで投げるピッチャー久しぶりに見た気がする。

これからも頑張ってほしい。

最後は南が打たれて試合が決まりました。

2アウトからのランナーを返されてしまった。

 

何だろう。日本ハムと戦っていると

日本ハムからもっとたくさん学べと思ってしまう

自分がいる。

 

 

マリーンズファイティング!!

[8月23日]ロッテ1-4日本ハム10安打を打つも1得点のみ!ミスの負け!!

どうも!管理人のトシです。

今回は8月23日の試合、

ロッテ対日本ハムの結果について書きたいと思います。

 

    先制点は日本ハム大谷によるタイムリー

今日の先制点は大谷のタイムリー!

片手一本でスタンリッジの変化球にうまく合わせライト前に

運ばれました。

あれは打ったほうがうまかったですね。

しょうがないです。

この回1失点で抑えればとよかったのですが…

 

大地にエラーが出てしまいました。

ルーキー平沢がショートに入ったことにより

大地がサードの守備についていました。

相手のエンドランということもありサードで捕球後、

セカンドベースをみて焦ってしまったのでしょうか。

すごくもったいないミスです。

 

ミスで広がってしまったピンチを

逃さないのが強いチーム。

陽がライトスタンドへのホームラン。

これで0-4で結果的に試合が決まってしまいました。

正直ここはスタンリッジに踏ん張ってほしかったですね。

 

    平沢のタイムリーツーベースで試合が動く!

2回の裏、ロッテの攻撃では

大地清田の連続フォーボールでチャンスを作ると

打席には平沢!

内角よりの球を振りぬくと

ショートとレフトの間にボールが!

二人が軽く衝突しかけあいボールが落ちた。

相手のミスですね。

ラッキーにもヒットになり

これが平沢の本拠地初安打!

これからもまだまだスタメンで見れそうだね。

ただこの後に続かないのがマリーンズ。

岡田がヒットを打っていれば少し試合展開が変わった気がします。

たらればを言ってはしょうがない。

 

    ツーアウトからチャンスをつくるもあと一本が出ず…

この後もロッテは何回もチャンスをつくりますが

あと一本が出ず。

流れが悪いときってこんなもんですよね。

相手ピッチャーにやられた気がします。

野球の基本ですよね。

先頭バッターを抑えるというのは。

ただロッテほんと得点圏弱すぎだろ。

 

    その中でも角中が息をはくように猛打賞!!

一人野手で輝いていたのが角中。

今日も猛打賞。

そういえば角中ハイボールが23日から発売されましたね。

味はccレモンとコーラの2種類ですね。

値段は700円で角中が猛打賞を打った翌日には600円で

売られるという優れもの。

翌日というのはいいですね。

逆転丼の売りが大変だからでしょうか(笑)

 

    総括

今日は大きく言ってしまえば

一つのミスで負けました。

本当に痛い。

打線は単打は出ているので絶望的ではないでしょう。

泥臭く点をとる野球を思い出してほしいです。

一つでも先の塁に進むとか。

あと最低限の守備はこなしてほしい。

プロ野球選手なんだから。

 

マリーンズファイティング!!

楽天3連戦にむけて[8月9日~8月11日]

どうも!管理人のトシです!

今回は楽天との三連戦について触れていきたいと思います。

 

    今日から楽天との三連戦!

なんとしても勝ち越してほしいところ。

楽天からしたら最低2個勝って、

ゲーム差を縮めたいところではないでしょうか。

 

予告先発と予想してみると

9日     スタンリッジ - 塩見

10日    二木          - 釜田

11日    唐川      - 安樂

となります。

スタンリッジと唐川は取りたいですね。

 

    個人的な考えは

今日のゲームはスタメンに三木と江村を入れても

おもしろいです。

スタンリッジは元々変化球が得意で

打者の手元で少し曲がる球を投げ

ゴロを量産するタイプ。

だから内野の守備がうまい三木を入れると

ゲッツーがとりやすいんじゃないかな。

スタンも安心して投げることができますし(笑)

塩見投手が左投げだから充分あり得ますね。

 

田村はスタンとあんまりあってないのかなといった

印象があります。

7日に活躍した江村を抜擢しても

いいかもしれませんね。

 

    スタンリッジは鬼門の6回を

スタンは5回まで抑える傾向があって

鬼門の6回をなんとかしてほしいですね。

やっぱりスタミナ的にきついのかな。

握力が落ちてきて曲がりづらくなるとか。

 

打線はオリックス戦と変わらずでしょう。

おそらく今日は井口さんが先発ですね。

 

    10日の先発はおそらく二木

発表がないのでまだわからないですが

7月28日に落ちたので10日会いたんで

帰ってくるでしょうね。

二木はストレートの調子がいいと空振りとれて

だいぶ楽にゲームを進められます。

また187㎝から投げ下ろすそのポテンシャルがあるので

なんとか試合をつくってほしいです。

 

    11日は唐川が先発!!

前回日本ハム戦で7回0失点の好投をしましたから

この試合が楽しみですね。

今年になって唐川の顔つきが変わった気がします。

覚悟をもったというかまあ印象ですけど(笑)

唐川もストレートが140㎞/hに乗って

南も150km/hと投げれるようになり

みんな防御率が上がってますね。

やっぱスピードって大事なんですね。

 

また11日はユニフォーム配布日です。

千葉に移転して25周年ということで

配布するらしいです。

シンプルなストライプのユニフォームですね。

いつでもマリンには着ていけるやつなので

これほしいです。

 

今年はロッテイベント多いですよね。

去年からか。山室社長になってからイベントに力を入れています。

マリンフェスタとか満員御礼ですよ。

動員数ももう少しがんばれば西武ドーム抜けます。

これからもたくさんイベントしてほしいですね。

期待してます。

マリーンズファイティング!

清田と中村

どうも!管理人のトシです!

今回は去年から活躍している清田と中村奨吾に関する記事です。

 

    清田と中村の現在

ただいま二人は2軍にいます。

去年、ロッテが3位になれたのは

清田と中村の活躍がなければありえなかったと思います。

 

昨年、清田はソフトバンクの柳田、西武の秋山とならんで

首位打者争いをしていました。

1番で活躍をはじめ、

月間40本安打、4試合連続猛打賞とブレイク!!

夏には3番打者として活躍しました。

私は清田が怪我をした時期にマリンフェスタに参加したんですが

そのときに代打で清田が呼ばれた時のあの歓声を

今でも覚えております。

清田ならなんとかしてくれるんじゃないかと

みんな期待していたと思います。

 

そして清田は侍ジャパンへと選出!

私はすごくうれしかったです。

そこでソフトバンクの松田選手の影響を受け、

(その年にもうすでにオールスターでも影響を受けていた)

今年はチームを盛り上げるモチベーターとして

ずっと声を出してました。

 

    今年は!?

ただ今年はずっと打撃不振でした。

伊東監督も去年のように打つだろうと思い、

ずっとスタメンに清田を置きました。

私も清田が去年のみの覚醒とは信じたくなく

スタメンであることを押してました。

ただ7月にあまりの打撃不振に2軍に行きました。

 

今清田は2軍で打率2割6分まで上げてきました。

一時は1割台でひどかったですが(笑)

清田が必要になる時期が今シーズン必ず来ると思います。

また去年のような勝負強い打撃を取り戻し

1軍に戻ってくることを期待してます。

 

 

    中村奨吾選手ってどんな選手!?

奨吾は2015年ドラフト1位で入団。

昨年がプロ野球デビューの年であった。

それも開幕1軍をつかんでであった。

 

奨吾は印象としてはオールマイティプレイヤーとして活躍していた。

今江がいないときは3塁を守り、クルーズがいないときはセカンドを守り、

外野の打撃が不甲斐ないときは外野に回され、

それでもどんな場所でもほどなくこなしていた。

外野は慣れないせいか少しひどかったが(笑)

 

正直、奨吾のこのような活躍なしに昨年の3位はなかったように思える。

またすらっとした体形からはあまり感じられないが

昨年5本、ホームランを放った。

ちなみに今江は1本である。

今江楽天でももうひと花咲かせてくれないかなー

話を戻して奨吾は足も速く走攻守そろった選手といえる。

ただ外のスライダーに弱く、そこを克服できれば

ヤクルトの山田のような選手になるのではないかとひそかに思っている。

今は2軍で打率は4割を超えている。

 

二人が1軍に帰ってくる日もそう遠くないと思う。

1軍で再び活躍することを楽しみにしてます。

ロッテの怪我人の状況

どうも!管理人のトシです!

今回はロッテの怪我人の状況を記そうとおもう。

特に一軍に登録されていたのに怪我により

抹消された人を上げていきたいと思う。

 

    藤岡選手の現在!

まず藤岡である。6月初めに左肘内側側副靭帯損傷により離脱。

全治2,3週間の予定であった。

その後7月上旬に復帰するも再び損部が悪化し

2軍に落ちる。

ほんと藤岡の今年の中継ぎの出来はすごかった。

ストレートで三振が取れていたしロングもできるしで

ブルペンの厚みが増していた。

この藤岡の離脱により

伊藤帝国(藤岡、松永、南、西野、内、益田)の崩壊が始まったと思う。

それまで中継ぎの防御率が12球団で1位であった。

 

    内の現在

次に怪我をしてしまったのが内である。

内は150㎞のストレートに130後半縦スライダーを投げる

とにかく半端ないセットアッパーである。

チームのだれもが

「怪我さえなければ」

と言わしめるほどの実力の持ち主である。

ほんと怪我さえなければ日本代表に入っていてもおかしくない。

イニングで26回投げるとたいがい怪我をする。

 

その26回はきっちりおさえ、防御率は1.42である。

落合コーチが「今年は1軍に1年間いさせてやりたい」

ということで4月中旬以降、回またぎなし、連投なしで

大事に扱ってきたが26回で怪我をしてしまった。

ソニータイマーより正確である(笑)

ちなみに肘のはりが確認されてオールスターの休みなどがあったために

すぐには2軍には落とさず様子を見ていた。

 

    ナバーロの現在

次はナバーロである。

ナバーロは去年韓国リーグで48本のホームランを放ち、日本に来た。

だが弾丸を持ち込んでしまったため2か月間1軍の試合に出ることができなかった。

4月下旬から出場しており、選球眼がよくフォアボールが多い。

また得点圏打率がよかった。

ただ7月から打撃不振におちいっていたがそのときから痛みを感じていたという。

そして2軍に落ちていった。

ナバーロは今奥さんの出産に立ち会うために帰国してます。

帰りはたしか13日です。素敵ですね。

弾丸は持ってこないよう球団は注意しましたかね(笑)

 

    西野、そして大谷の現在

次は西野です。7月末に右ひじ炎症でした。

西野は抑えの投手で、育成からあがっていた苦労人です。

最初は先発として9勝をあげたのですが翌年から抑えに転向しました。

やっぱりプロのコーチはなんでもお見通しなんですね。

そして抑えとして去年セーブ機会での失敗0で終えました。

負けがついたのは引き分けのときの登板ですね。

ただ今年はどうも調子が悪そうだと思ったが

やっぱり怪我してましたね。

 

そして大谷もまた怪我です。

大谷は靭帯損傷のために少し時間かかりそうですね。

 

主にブルペン陣の怪我が多く、

大変ですがチームとしてほかの選手に期待しましょう。

怪我人は必ずチームに必要な時期が来ると思うのでそれまでに

ゆっくり怪我を完治させてほしいですね。

ロッテが優勝を狙うには

どうも1管理人のトシです!

今回はロッテの優勝の可能性について探っていいきたいと思う。

 

 

    ロッテの順位は!?

ただいまロッテはソフトバンク、

日本ハムに次ぐ3位である。

今年のロッテの優勝の可能性を探りたいと思う。

 

今ロッテは56勝45敗勝率.554で貯金が11ある。

1位ソフトバンク63勝32敗勝率.663で貯金が31ある。

そして10ゲーム差…

ちょっと書いててッゾとしました(笑)

 

 

    ソフトバンクとの差はどれくらいあるのか!?

今回は簡単にするために日本ハムのことは

あんまり考えないです。

 

ロッテの残りの試合数は41試合。

ソフトバンクの試合は43試合。

 

このままソフトバンクが同じような勝率で勝ち続けると

(ここでは引き分けを考えません)

28勝15敗でシーズン91勝47敗5分け勝率.659

(甘めに考えました)

これを超えるにはロッテは

38勝3敗でシーズン94勝48敗1分け勝率.662

で優勝となります。

恐ろしいです。あと3回しか負けられません(笑)

 

こんなこと7月の日本ハムのようなことをしなければなりません。

15連勝1敗5連勝を2回ほどやるしかありません(笑)

まあ元々10ゲーム差ありますからこんなもんですね。

 

去年もロッテが4位で3位の西武と10ゲーム差ほど離れていましたが

西武が何連敗かして落ちてきたので

3位に滑り込むことができました。

 

ソフトバンクがそんな連敗をするかと聞かれると

そんなことは正直想像できません。

それだけ戦力がしっかりしていると思います。

 

ならロッテの優勝は不可能かと問うと

そんなことはありません。

 

 

    ロッテとソフトバンクとの差を埋めるには!?

野球には直接対決というものがあります。

ロッテはまだソフトバンクと9試合も試合が残っております。

直接対決は勝てばゲーム差が1ゲーム縮まります。

一般に1カ月で3ゲーム上のチームと縮めらるといわれます。

残り2カ月なので6ゲーム差を縮められればよいほうなのですが

10ゲーム差あります。

結構難しいことなのですが検証していきましょう。

 

この9試合をもしロッテが9勝してもソフトバンクには追い付きません。

1ゲーム差あります。

恐るべしソフトバンク!

 

しかしこれをやらなければ追い付けません。

残り9試合を9勝した場合

ソフトバンク       63勝41敗

ロッテ                  65勝45敗

で1ゲーム差となります。

 

これでやっと並べる位置につけられます。

ロッテはソフトバンクにはもう負けられないのです。

 

ここで今週末の先発予想を見てみましょう。

12日    石川-和田

13日    関谷-千賀

14日    涌井-中田

 

12日は勝てば石川の最多勝が近づきますね。

ローテが変わらなければ8月26日~28日も同様の先発予想です。

うまくいけば8月中に最多勝候補が絞れます。

 

8月のソフトバンクとの6試合で今シーズンが決まりそうですね。

本当この6試合はロッテの全戦力をつぎ込んで勝ってほしい。

マリーンズファイティング!!

8月5日~8月7日のオリックス戦を振り返って

どうも!管理人のトシです!

今回はオリックスとの3連戦について考えていこうと思う。

 

    結果は!?

結果としては3-2、2-0、3-5と勝ち越しました。

全体的に見て非常に締まった試合。

悪く言えば貧打だった3連戦と言えるでしょう。

勝ち越したことが大きいです。

 

    投手陣の考察

先発は石川、関谷、涌井でした。

石川は8.2回を2失点。関谷は7回を無失点と押さえてくれました。

石川も8回まで無失点と好調でしたね。

オリックス打線が湿っていたのもありますが

さすがはパリーグトップの防御率を誇る石川でしたね。

関谷は新人1年目ながらも社会人卒として即戦力として

いい働きをしています。

彼の何がいいってチェンジアップと

ピンチで抑えることですね。

涌井は3回5失点とらしくない投球でした。

長いシーズンたまにはこんなときもあります。

涌井には助けられてばっかだったので

仕方ない部分もあると思います。

次に期待ですね。

 

中継ぎは1戦目が押さえの益田。

2戦目が南、益田の勝ちパターン。

3戦目が黒沢、香月、田中、阿部が投げました。

最近は益田が投げすぎています。

そのためか3戦目は益田はベンチにすら入っていませんでした。

涌井だったため長い回投げてくれると期待したんでしょう。

落合コーチは投手のやりくりが上手な気がします。

 

 

    打線の考察

打線のほうはあまり打っている印象はありませんが

少ないチャンスをものにしてますね。

1番岡田2番加藤3番角中4番デスパと上位打線を

固定できているのは最高です。

最近は岡田の調子がいいですね。

3連戦12打数5安打打率.417と打ってます。

春の時も岡田がリードオフマンとして活躍して

スタートダッシュを切れたことを彷彿とさせます。

そしてデスパイネ!得点圏打率.347と勝負強い打撃を見せています。

特に今年はランナーいるときはホームランを狙わず

右方向を意識して打っているような気がします。

 

5番には井口or福浦のベテランが並び

6番大地、7番細谷と続き

セカンド、高浜or三木

キャッチャー田村となっています。

 

井口福浦の併用は個人的に大賛成ですね。

休み休み使っていくことがいいと思います。

福浦毎日スタメンで出せという人がいますが

私は福浦が7年連続で3割をとっていることも知っていますが

9年連続で3割から遠ざかっている打者を

スタメンで出し続けたら今ある打率は落ちるに決まっていると思います。

もちろん福浦さんは大好きで2000本安打を達成してほしいですけれど

それとこれとはまた別の問題です。

私はチームがいかに勝つかのほうが大事だと思います。

 

大地は打撃が好調ですね。打率も3割に乗せてきました。

セカンドがナバーロが落ちてから固定ができませんね。

守備を無視でいくなら根元がいいんですけど

根元の守備がどんな感じかわかりません。

 

最後に投手陣は中継ぎがけが人で抜けた分、

先発が頑張っています。

打線も最近は上位打線が固定できつつあり、

そんなに悲観するようではありません。

だから次の日ハムとの三連戦も期待できるのではないかと思います。

[8月7日]ロッテ3-5オリックスで敗北!!涌井3回5失点の乱調!!

どうも!管理人のトシです!

今回は8月7日のオリックスとの試合結果について書く。

 

今日はオリックスとの3連戦の最終日!

ロッテとしては2つ勝って勝ち越しが確定しているので

今日勝って勝ち越しを決めたいところ。

 

    先発は!?

先発はロッテが涌井、オリックスは山崎福。

先発だけ見ればロッテが有利かなと思って蓋をあけてみれば

涌井が3回5失点の大乱調!山崎福は5回2失点を試合を作りましたね。

今2年目で2014年にドラフト1位で入団してます。

最近は中継ぎで活躍していて先発の事情で先発に移った感じなんですかね。

先発で試合が決まってしまいました。

それでは試合内容を見ていきましょう。

 

初回のロッテの攻撃は山崎福の変化球にタイミングが合わず

3者凡退。

一方、オリックスの攻撃は涌井の制球がさだまらずに

3四球で満塁のピンチ。そしてバッターモレル!

甘めに入った変化球をライト前に運ばれ失点。

その後中島の犠牲フライで追加点も取られる。

ここで失点が終わって7回2失点にまとめあげるんだろうなと

期待していたんですがそんなことはありませんでした。

 

2回には大地にデッドボールがありました。

最近大地にデッドボールが多い気がします。

やっぱり3割バッターとして内に責められているんですかね。

大地がケガしてしまうとチームとしても致命傷だと思います。

なんだかんだ3年連続でレギュラーとして出続けてますから。

 

 

    次に点をとったのもオリックス!!

3回、糸井がヒットで出塁後盗塁を決め1アウト2塁!

糸井もう37も盗塁決めているんですね。

恐るべき35歳です。

そしてバッターはT-岡田!

きれいにタイムリーを放ち追加点を取る。

効率的に点を取られました。

涌井にはもう少し粘ってほしかったですけど

今日はことごとくキャッチャミットがづれてましたね。

そして最後は中島のホームランでノックアウト!

久々にこんな涌井を見た気がします(笑)

いつもおんぶに抱っこであったので涌井は責められません。

次に期待しましょう。

 

4回からはピッチャ―が黒沢に変わりさらに田村も下げ江村が出てきました。

黒沢は2回を投げ被安打3と打たれましたが0で抑えましたね。

いい当たりが多かったのが気になりますが0で抑えることが今は大事です。

今年の南みたいにまずは敗戦処理からいづれは7回を投げる男になってほしいです。

 

    5回にロッテにもチャンスが!!

5回、ロッテの攻撃は井口、大地の連打でチャンスをつくると

高浜のセカンドゴロの間に1点!

江村のタイムリーヒットで2点目を返す。

 

そして6回にも角中デスパのフォアボールでチャンスをつくると

大地がタイムリー!!

ほんと今年打撃調子いいですよね!

 

その後は得点は両軍入らず。ロッテは黒沢から香月、田中、阿部とつなぎ

全員0に抑えました。

オリックスも山崎福から塚原、海田、吉田、平野で逃げ切りました。

 

今日は先発で試合が決まった気がします。

ただ江村が途中出場からすごく頑張っていたと思います。

タイムリー打ったし、糸井の盗塁刺したし。

田村と切磋琢磨してよ。