モバイルスイカが10月25日より開始!アップルペイとの関係について

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%9a%e3%82%a4

今回は10月25日より始まった

モバイルスイカのiPhone7の対応について書いていきます。

このモバイルスイカとアップルペイの関係性や

iPhone7でしか使用できないのかなど。

 

またその仕組みについても書いていきます。

スポンサードリンク


モバイルスイカとは

まずはこちらの動画をご覧ください。

この動画が説明していることは

ケータイやスマホがスイカの代わりになるということである。

 

ネットで新幹線のチケットの購入や

スマホをスイカ代わりに

ッピ

と使うこともできる。

 

このようにスイカのカードを持たずに

スマホがその代わりとなっている。

またスマホはインターネットとつながっているために

そのまま新幹線のチケットや

グリーン車のチケットを買うことができるため

上位互換だということが言えよう。

 

 

また10月25日から始まったものは

このモバイルスイカの対応するスマートフォンに

iPhone7が加わったということです。

 

つまりiPhone7でモバイルスイカを利用できるのです。

今まではiPhoneはモバイルスイカに

対応しておりませんでした。

 

それが10月25日から対応できるようになりました。

 

ここでモバイルスイカとアップルペイについて

述べていきます。

スポンサードリンク


 

アップルペイについて

アップルペイとはiPhoneによる決済サービスである。

電車の自動改札を通ったり

コンビニ等での買い物の際に

スマホ(iPhone)をかざすことで

支払いができるというわけである。

 

2016年10月25日よりアップルペイが始まりました。

このアップルペイは現在

9月に発売されたiPhone7や

アップルウォッチで使用できる。

 

10月25日に始まったために

モバイルスイカでは

たくさんのアクセスが集まり

不具合が起きている。

 

ただこのアップルペイが始まることにより

日本ではあまり進んでいなかった

スマホ決済が進むことは間違いないだろう。

 

現在日本のiPhoneの普及率は5割を超えている。

日本の半分の人がiPhoneをもっていることになる。

 

これらの人がスマホ決済を始めたら

あらゆるお店でスマホ決済を導入せざるを得ないだろう。

 

 

他のiPhoneでも使用できるのか

このアップル決済はiPhone7以外の

iPhoneでつかうことができるのでしょうか。

 

これはほぼできません。

正確には日本ではできません。ということでしょうか。

iPhone7には日本の改札機などにも使えるチップが入っておりますが

それ以前のiPhoneには入っていないためです。

ただiPhone6にはアメリカでは使えるチップが入っているために

アメリカでは使うことが可能です。

 

だからモバイルスイカは現在のところ

iPhone7とアップルウォッチのみということになりますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です