モンキー高校の実態がヤバい!教育困難校とは!原因や対策を考察!

%e5%ad%a6%e6%a0%a1

今回はモンキー高校と揶揄される

教育困難校について書いていきます。

 

いわゆる荒れた学校で

まともに授業ができない学校。

 

そんな教育困難校の実態や

その原因、対策について

考察を書いていきます。

スポンサードリンク


教育困難校とは

教育困難校とは

生徒の授業態度により

授業や教育が困難な学校のことだ。

 

いじめや校内暴力、長期欠席、

少年犯罪、学級崩壊といった理由が挙げられ

こういったことが原因で授業が始められないのです。

 

教育困難校は主に高校のことをさすので

今回は高校に限って書いていこうと思います。

 

 

その実態について

典型的な教育困難校の実態として

まともに授業が受けられないというのが

あります。

 

生徒が授業開始時になっても

席につかず廊下でスマホのゲームに夢中になっていたり

授業が始まっていても

私語があり

まともに集中できないといった環境である。

 

まさに学級崩壊である。

 

ここで義務教育じゃないんだから

そんなやつ退学にしてしまえ

といった考えがあるでしょう。

 

まずそういう生徒がほとんどであるために

ほぼ全員が退学となってしまいます。

スポンサードリンク


またモンスターペアレントが発狂し

最悪の場合学校側が問題となってしまいます。

 

 

また学校の授業が始まるまで廊下で

遊んでいた生徒を座らせ

スマホを回収する。

それで時間が20分ほどたってしまうそう。

 

学校の授業って1時間が50分ほどしかないために

30分しか残りがない。

 

その30分も

通常の教科書を読ませてもわからないために

プリントを作り

中学校の内容から

もしくは小学校の内容から始める。

 

先生は授業を始めるために

根気よく注意し

授業のためのプリントを作り

我慢を強いられる。

 

そんな環境で教師を続けるのは本当に素晴らしいと思います。

大変だと思うけれど頑張ってください。

 

このようにまともに授業ができずに

どんどん他の高校と差が開いていく。

 

そして卒業後は

集中力のない大人の出来上がりで

正社員として働けなくなってしまう。

 

今日本では

非正規労働者の割合って4割を超えている。

これって4割の人がボーナスをもらわずに生きていて

日本の労働社会も末期に近づいているなと感じる。

 

話がそれたが

このように教育困難校の実態は

社会不適合者養成所となっている。

 

もちろん高校を卒業して

しっかりと働いている人もいるがこれが実態であろう。

スポンサードリンク


 

モンキー高校となる原因

ではなぜ教育困難校となってしまうのであろうか。

これはその環境というか空気がそうさせているのだろう。

 

人間は環境の生き物である。

簡単にいえば

赤道線上にいる人は

強い紫外線を浴びるために

それを避けようと肌が黒くなる。

逆に紫外線の弱いヨーロッパでは

それをよく吸収しようと

白人になる。

 

このように環境がその人を変えていく。

 

だから教育困難校はもうすでに

教育困難な環境を作り上げてしまっている。

 

たとえば授業中に廊下で騒いでいる集団がいれば

自分は教室の中にいる分

そいつらより優秀だし

私語くらいいいだろうとなる。

 

これが優秀な学校で一人も授業中しゃべらず

みんな授業に集中している。

そんな中教室内で私語をすれば

異端児として見られるだろう。

 

このように環境が人を変えてしまうのだ。

スポンサードリンク


 

教育困難校の対策について

では現在モンキー高校(教育困難校)としての環境が

整ってしまっている学校は

どうしたら変わっていくのだろうか。

 

これはことあるごとに注意していくしかない。

最初はささいな私語でも怒鳴り散らすくらいの勢いで

どんなささいなことでもるのだ。

 

それをクラスの前で問題として取り上げることで

問題意識を植え付けさせるのもいいだろう。

 

そもそも教育困難校の生徒は

自分が悪いと思って行動していないのだ。

 

授業中私語をするのが当たり前なのだ。

 

それを少しづつでも問題であるという風に

気づかせてあげることが対策のひとつである。

 

それでも簡単には環境を変えることは難しいだろう。

何年かかけてゆっくりと変わっていけばいいと思う。

 

今後教育困難校というワードが少なくなっていけばいいな。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です