ロッテ柿沼友哉!U-23侍ジャパンに選出!実力とプロフィールなど

千葉ロッテマリーンズに所属している

捕手の柿沼友哉選手が

U-23の侍ジャパンに選出されました。

 

U-23侍ジャパンは23歳以下の選手が出場し

野球のワールドカップである。

それに選出された柿沼友哉選手の

実力やプロフィールについて書いていきます。

%e6%9f%bf%e6%b2%bc%e5%8f%8b%e5%93%89

スポンサードリンク


プロまでの道

1993年5月12日生まれの23歳!

小学4年生から野球をはじめ

その時にはキャッチャーという

ポジションについていた。

 

それからずっと捕手として

活躍してきた。

高校は誠恵高校に

大学は日大国際関係学部に進学した。

 

 

2015年のドラフト当時には

プロの道に行けるかどうかわからず

地元の茨城県で就職活動を

していた。

 

ただそれも育成ドラフトで

指名を受け終わった。

 

日大国際関係学部から

2015年の千葉ロッテマリーンズの

育成ドラフト2位で入団した。

スポンサードリンク


育成ドラフトでの指名に関して

小野慎吾スカウト(現二軍投手コーチ)が

東海大会の視察に訪れた際に

柿沼捕手が盗塁を3つ連続で刺した。

 

 

柿沼選手は強肩が持ち味で

盗塁を刺すことがセールスポイントだそう。

田村や吉田と競ってほしいですね。

 

 

小野スカウトは

「捕手としてのフィーリングがいいと感じた。」

と語っている。

 

キャンプ初日の2月1日に

益田直也投手から

「立ち投げに付き合ってくれるか」

と声をかけられ

ミットで初めて受けたそう。

 

その時にボールがベース前でぐーんと伸びる。

とプロの凄さを感じたと語っている。

やっぱプロの球ってすごいんだね。

 

 

それからシーズンに入り

2016年7月29日に

同年育成ドラフト1位の大木選手と

育成選手から

支配下登録選手契約を結んだ。

 

当時柿沼は

「まずはうれしい気持ちです。

ただ、これからようやくプロのとしての生活が始まると思っているので気を引き締めて

頑張っていきたいです。今まで支配下を目指して取り組んできた野球への

姿勢を忘れることなく、さらに責任感を持って自分自身、向上していけるように

野球と向き合っていきたいと思います。

家族には朝、電話で報告をしました。

父からは

『ようやくスタートライン。これから後悔のないように日々、取り組むように』

と激励をしてもらいました。とても喜んでくれたので、よかったです。

これから、まずは一軍を目指して頑張ります。」

と語っている。

出典

スポンサードリンク


背番号は99である。

どんな選手

自分の性格を一言で表すと

仏だそう(笑)

 

何事にも動じないって意味で仏なのかな。

 

まあこれから1軍で活躍していけば

エピソードとか出てきて

素顔が明らかになってくるのではないでしょうか。

 

身長は180㎝

体重82㎏

と体は出来上がってきていると思います。

 

2軍での成績は

打率.279 0本 10打点

と打率がいいですね。

でもまだ157打席しか立ってないので

これからに期待ですね。

 

 

U-23侍ジャパンに選出!

 

そんな柿沼選手が

ベースボールワールドカップの

U-23に選出されました。

 

柿沼選手は

「23歳ということはチーム最年長ということで

チームを引っ張っていきたい」

と語っています。

 

頼もしいですね。

小野スカウトがほめた

個人的にはピッチャーへ声をかけに行くタイミングとかに

注目してきます(笑)

 

大きく育って

かえってきてほしいです。

 

柿沼選手応援しております!

 

そんなu-23の試合は

10月28日~11月6日にやる予定です。

特に日本代表の1戦目は

10月28日(金)12:00~

ニカラグア対日本

です。

ぜひ見てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です