トヨタとスズキが業務提携!なぜ?双方の利点を解説!

今回は

トヨタとスズキが

業務提携の検討開始を合意したと

発表したことについて

書いていく。

 

なぜ業務提携をするのか

双方の利点を解説していく。

 

スポンサードリンク


現在のトヨタ

トヨタは現在日本で1番の会社と言っていいほどの会社で

その歴史を語ればたくさんかけてしまう。

 

ではなぜそのようなトヨタが

スズキとの業務提携に乗り出したのでしょうか。

 

現在トヨタは

日本でのシェアはナンバー1、

欧米にも進出している。

スポンサードリンク


ただアジアの地域には一歩遅れている。

 

特にインドではシェアが全体の4%のみで

この点スズキは

インドでのシェア率は40%を超えている。

 

トヨタとスズキが組むことができれば

これから確実に伸びてくるインドに対して

シェア率50%も

十分あり得るだろう。

 

ではスズキにとっての利点はなんであろうか。

 

 

現在のスズキ

スズキはどちらかというと

これまで技術も素晴らしいが

それ以上に戦術で勝ってきたようなイメージがある。

 

タイに他の自動車業界が

進出していく中で

一人だけインドに進出し

日本企業内ではインドを独り占めしました。

素晴らしいですね。

 

ただそれは自動車を

安くかつ高品質につくる技術であり

最先端技術では他社に劣っている事実がある。

 

そこで最先端技術をもつ

トヨタの技術を少しでも盗めればという考えだろう。

 

もしくは

資金を提供してもらい

最先端技術に力を入れるだろう。

 

 

 

もしトヨタとスズキが業務提携したら

インドの車業界では

確実に一歩先に行くでしょう。

スポンサードリンク


個人的にはすごく賛成ですね。

世界で戦っていくにはこれくらいやってほしいです。

 

まあ折り合いがつくまで

もう少し時間がかかりそうですが。

 

楽しみです。

 

 

これからの自動車業界

これからの自動車業界は”命”と”エコ”がカギになると

トヨタの会長はおっしゃっています。

 

その点

命では自動運転

エコでは電気自動車が

これから開発がすすんでいくと思います。

 

自動運転に関しては

ITで有名なGoogleやAppleも参入してきて

より激しさが増すでしょう。

 

なぜIT業界が車業界に参入してくるのでしょうか。

 

それは車産業がとてつもなく大きいからです。

現在70億人の人がいて

一人100万円の車を一台づつ持つと考えたら

おそろしい数字が出てきませんか?

 

つまり自動運転ができて

それを世界へ規格を通した

企業がとてつもない力を手に入れます。

 

これからの自動車業界では

ものすごいことが起こる気がします。

 

すごく楽しみです!

世界がどう変わるのか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です