コトリンゴとは!プロフィールを紹介![悲しくてやりきれない]

今回は11月12日(土)に公開する

映画「この世界の片隅に」の

音楽を担当する

コトリンゴさんについて書いていきます。

 

あのザ・フォーク・クルセダーズの名曲である

「悲しくてやりきれない」を

今回はカバーして

映画の音楽となっている。

 

映画「この世界の片隅に」は

戦争時代を描く映画で

音楽の抜擢は最高のものである。

 

そんな「悲しくてやりきれない」を

歌うコトリンゴさんとは!

 

スポンサードリンク


コトリンゴさんについて

コトリンゴさんは1978年7月17日大阪生まれの

シンガーソングライター。

38歳で自分は透き通った声をしているので

もっと若いと思っていました。

本名は三吉里絵子。

 

そんな彼女は5歳からピアノをはじめ

7歳から作曲をするようになる。

7歳って早すぎです(笑)

 

高校卒業後

甲陽音楽院に入学。

卒業後

バークリー音楽大学に留学。

 

卒業後ニューヨークに住み

自宅で曲作りに励む。

 

2006年3月(当時28歳)の時に

坂本龍一さんのラジオ番組の

オーディション宛にデモテープを送る。

 

それを聞いた坂本龍一は

11月に「こんにちは またあした」

でデビューさせた。

それがこちら。

スポンサードリンク


それからもアルバムを何枚もリリースした。

 

 

そして今回、

映画「この世界の片隅に」

の主題歌である

「悲しくてやりきれない」

をカバーしました。

 

 

 

悲しくてやりきれない

これですね。

映画館できいたら確実に泣いちゃいます。

 

声が透き通ってますよね。

ピアノもコトリンゴさんが弾いているそうです。

ピアノも音のいいですね。

 

これから人気が出るんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です