映画「何者」の見どころやあらすじを紹介!キャストはあってる?

今回は10月15日に公開される映画

「何者」

について書いていく。

 

「桐島部活やめるってよ」でデビューした

朝井リョウさんが書いた就活の物語が映画化!

原作は直木賞受賞作品!

原作のネタバレはこちら

朝井リョウさんに関してはこちら

その見どころやキャストを紹介していきます。

スポンサードリンク


「何者」のあらすじ

6人の個性豊かな就活生が登場し

そのうちの5人が

就活対策本部として

その人間関係が描かれる。

これから一人一人の詳しい個性については書いていく、

 

 

キャストは合ってる?

主役の拓人 : 佐藤 健

%e4%bd%90%e8%97%a4%e5%81%a5    

スポンサードリンク


拓人は冷静分析系男子。

すごく物事を冷静に分析する。

就活に関してもひとり冷めた目で見ていて

就活に熱心な理香のことを馬鹿にしている。

瑞月に片思いをしている。

 

常に冷静な中で

少しだけ感情を出すという難しい役である。

佐藤健さんは俳優歴10年あるベテランで

適所であると思う。

 

 

瑞月 : 有村架純

%e6%9c%89%e6%9d%91%e6%9e%b6%e7%b4%94

瑞月は地道率直系女子。

1年間留学していて

素直な子だと思う。

聡明な頭を持っていて

拓人の冷静な分析を

尊敬している。

 

光太郎と付き合っていた。

 

瑞月役は有村架純さん。

この役は光太郎の元カノであるために

少し恋愛要素も含まれている。

その点、ドラマのヒロインを演じていた

有村さんはいいと思います。

 

 

光太郎 : 菅田将暉

%e8%8f%85%e7%94%b0%e5%b0%86%e6%9a%89

光太郎は天真爛漫系男子。

馬鹿なふりをしながら

頭の中ではよく考えている

世渡り上手な男の子。

 

光太郎役は菅田将暉さん。

この役は

元気な役でそこから

しゅんっとしたオーラを出すシーンもあると思います。

 

菅田さんと言えば思いつくのが

auのCMの鬼ちゃん役。

あの役ほとんどアドリブなんですよね。

スポンサードリンク


あんな明るい雰囲気を出せる

菅田さんは光太郎とあっている気がしますね。

 

理香 : 二階堂ふみ

%e4%ba%8c%e9%9a%8e%e5%a0%82%e3%81%b5%e3%81%bf

理香は意識高い系女子。

就活に対してストイックに

挑んでいる女子。

それが空回りしていて

拓人に見下されている。

隆良と付き合い同棲しているために

理香と隆良の家が

就活対策本部となっている。

 

そんな理香の役は二階堂ふみさん。

理香は

自分を語ったり

twitterとかで楽しいということをうまくアピールする

今どきの女子大生。

 

大学生をリアルタイムで経験ている

二階堂さんは役に入りやすいと思います。

 

 

隆良 : 岡田将生

%e5%b2%a1%e7%94%b0%e5%b0%86%e7%94%9f

スポンサードリンク


隆良は空想クリエイター系男子。

ただ会社で働いている人を

見下している。

会社に入ることで

自分というものがなくなるのではないかと恐れている。

その中で絶対的正論をだして

自分を正当化しながら生きている。

 

隆良はひどく自分語りをする男子で

どんな人が抜擢かというのが

わからなかった。

岡田さんの演技がどうなるのか

楽しみにしています。

 

上記5人が就活対策本部で

活動している人たちである。

 

 

サワ先輩 : 山田孝之

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e5%ad%9d%e4%b9%8b

サワ先輩は達観先輩系男子。

拓人のバイトの先輩で

大学院に通っているために

就活をしている。

理想的な先輩であると感じた。

後輩に対して面倒見もいいから。

 

そんなサワ先輩を演じるのは山田孝之さん。

兄貴という感じがしてこのキャスト好きです。

 

 

 

見どころについて

映画「何者」の見どころは

やはり就活という最後の青春で、

これから社会人になるハザマの中で

人のいい部分と醜い部分をどのように

描いていくかという点がすごく気になります。

 

人と人との間の感情をどう表現するのか。

いやー楽しみですね。

 

また就活の時代背景が変わり

SNSやインターネットが登場し

それで何が変わったのかということも

含まれていたらいいな。

 

単純にこれから就活する人も

就活が終わった社会人も今の就活ってこんな感じなのかとか

観たら感じるものがあると思います。

 

ぜひ映画「何者」を観てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です