電通・石井直社長が辞任へ!労働環境改革へ!次期社長はだれ?

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e7%9b%b40

12月28日(水)の午後7時からの

電通社長の石井直(いしいただし)氏は

辞任することを発表しました。

 

高橋まつりさんの自殺を受けて

責任をとり辞任するそうです。

今回は石井直氏のプロフィールから

労働環境の変化、次期社長について

書いていきます。

スポンサードリンク


石井直のプロフィール

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e7%9b%b4

生年月日:1951年3月10日

年齢:65歳

出身地:東京都

出身校:上智大学外国語学部イスパニア語学科

石井直氏は上智大を卒業して

1973年4月、新卒で電通に就職しました。

 

1999年に営業局長に就任し

2002年には執行役員まで上り詰めました。

 

2006年には常務取締役

2009年に取締役専務執行役員を経て

2011年4月1日より

第12代代表取締役社長となりました。

現在2016年ですので5年間

社長をやっています。

 

そんな石井直社長が

高橋まつりさんの自殺の責任をとり

辞任を発表しました。

 

そもそも電通ってどんな会社

電通って聞くと

電力会社かなと思いますよね。

(私は初めて知ったとき思いました。)

 

でも違うんです。

 

電通という会社は広告代理店なんです。

広告代理店ってなんなの?って思いますが

ざっくり言いますと

CMを作っています。

 

テレビで流れるCMを電通は作っています。

 

CMってその会社が作っているのではなく

電通や博報堂という広告代理店が

実は作っているんです。

スポンサードリンク


 

労働環境の変化

そんな電通の石井直社長が

辞任を発表しました。

 

今後どのように労働環境が

変わっていくのでしょうか。

 

会見では次のように述べております。

「人の時間は無限ではない。

この当たり前の事実を刻み

働き方を見直していく。

経営における優先順位を見直し

一人一人が健康に、多様な働き方を通じて

自己の成長を図れることが最重要だと、

強く認識している。」

出典

ー高橋まつりさんの手記を読んだ感想は?ー

「私どもの『制度』以前に、

まず『意識』を変えなくてはいけないと痛感した。」

出典

スポンサードリンク


 

このように述べていることから

意識を見直すようですね。

意識を変えるために制度を変えると思いますけれど。

 

また会見ではすべては1月にある取締役会で決めるということを

何度も発言されていました。

 

また石井社長の任期は2017年1月までだそうです。

ただその後の3月の株主総会で

取締役を退任するとのこと。

 

他の取締役についても

1月の取締役会で決めるんだそうです。

 

他にも今まではお客さんを中心に考えていたが

これからは社員を中心に制度を見直す。

 

これから電通は変わっていくでしょう。

トップが変わると組織が変わるように。

 

電通が変わるということは他の企業の

労働環境も変わる可能性があります。

 

なぜなら今回の件は

日本の労働の常識が変わる

転換期となるからです。

 

 

次期社長について

次期社長についてですが

現段階では白紙と会見では語っていました。

 

今までの電通の社長の経歴を簡単に

見てみましたが全員新卒採用の方々

電通に貢献されてきた方

社長となっているようです。

 

それはやはり日本企業では信頼というものを

大事にしているからだと思います。

外部から有能な人を抜擢して社長にするよりも

長年勤めた人のほうが社長が長く続くし

責任も取れるということでしょう。

 

 

現在副社長である中本祥一氏も

新卒で電通に入社してから

ずっと働き続けています。

だから次期社長の最有力候補は

中本祥一氏だと思います。

%e4%b8%ad%e6%9c%ac%e7%a5%a5%e4%b8%80

出典

これからの電通がどう変わるのかに注目です!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です