宇野剛文のオレオレ詐欺の手口を公開!動機や対策について!

12月20日東京都北区で

オレオレ詐欺で女性をだまし

現金を受け取ろうとした疑いで

宇野剛文容疑者(21)を逮捕しました。

 

その詐欺の手口や対策について

明らかにしたいと思います。

スポンサードリンク


事件の概要

12月20日東京都北区で

オレオレ詐欺で

60代女性をだまし

バイク便を装い現金を

受け取ろうとしたとして、

警視庁赤羽署は

詐欺未遂容疑で

宇野剛文容疑者を

逮捕しました。

 

宇野容疑者は無職で

千葉県市川市北国分に住んでいました。

 

東京都北区というのは

詐欺にかけようとした女性の家付近かと

思われます。

 

では詐欺はどのように行われたのでしょうか。

 

まず宇野容疑者は60代女性の弟のふりをして

「小切手の入ったバッグを盗まれた。

今日が決済で、

100万円を用意できないか」

と電話をかけ

その後女性宅にバイク便業者を装って訪れ

現金でだまし取ろうとしました。

 

確かに振り込むのではなく

現金で準備させだますという手口は

足跡も付きにくいですし

すごくいい手だと思いました。

 

ただこの60代の女性が

ボケていなかったのが大きかったです。

 

銀行で100万円を引き出した際に

警視庁の特殊詐欺防止の

チェックシートを見て不審に思い、

弟に電話して発覚したそうです。

 

ああいうポスターとかって銀行の

至るところに貼られていますもんね。

 

それだけ被害額が大きく

問題視されているのでしょう。

 

弟に電話して確認を取った後

警察に電話して

女性宅近くで張り込みをしていた署員が

バイクで訪れた宇野容疑者を

任意同行し20日に逮捕しました。

 

任意同行するということは

本人自身あまり詐欺に

乗り気ではなかったのかもしれません。

 

宇野容疑者は

「指示薬から電話をうけてやった」と

供述しております。

 

なぜ20日に逮捕したのに

今頃報道されたのでしょうか。

それはおそらく共犯を

絞っていたのではないでしょうか。

 

共犯にある程度目星がついたか

もう無理だとあきらめたか

共犯が元々いなかったのかは分かりませんが

実名公表に至りました。

スポンサードリンク


 

対策について

このおれおれ詐欺の対策についてですが

従来は振り込み方式でしたが

今回は現金による

手渡し詐欺ということで

一癖あるんですよね。

 

今まで通りでしたら

銀行から振り込むときに

銀行が今回のように

対策のポスターやらシートやらが

あって確認ができたと思います。

 

今後、ポスターには

「振り込むだけでなく

大きなまとまったお金をおろすときは

詐欺にご注意を!」

と書かれたポスターを

つくるのがいいかもしれません。

 

 

なぜ詐欺をしたのか

これはちょっとわかりませんでした。

ただ宇野容疑者は無職であったために

お金が必要だったと考えられます。

 

21歳とまだ若いので

反省してまた社会に復帰できるといいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です