碧志摩メグがアニメ化決定!?志摩市公認キャラが復活目前!

%e7%a2%a7%e5%bf%97%e6%91%a9%e3%83%a1%e3%82%b00

今回は志摩市公認キャラであった

碧志摩メグ(あおしまめぐ)さんについて

書いていきます。

浜口喜博(はまぐちよしひろ)さんが

つくった三重県志摩市公認の

キャラクターでした。

 

彼女がなぜ非公認になったのか

また復活やアニメ化についても

触れていきたいと思います。

スポンサードリンク


碧志摩メグのプロフィール

%e7%a2%a7%e5%bf%97%e6%91%a9%e3%83%a1%e3%82%b0

指定日:2014年12月9日

指定者:志摩市

身長:158㎝

体重:46㎏

碧志摩メグは三重県志摩市を

PRするための

萌えキャラクターです。

 

海女をモチーフにしています。

 

キャラクター製作者は

元バイクレーサーの浜口喜博さんです。

株式会社マウスビーチにて

キャラクター制作をしております。

 

なぜ浜口さんはキャラクター政策を始めたのでしょうか。

スポンサードリンク


 

碧志摩メグの誕生について

浜口喜博さんは

レーサーとしてのデビューが

志摩市の合歓の里であったために

志摩市に恩返しがしたいという試みから

碧志摩メグが誕生しました。

 

2014年11月1日にキャラクターが公開され

名前の募集を行いまいした。

そして京都府京都市の男性が名付けた

「碧志摩メグ」が選ばれました。

 

そんな志摩市公認キャラであった

碧志摩メグが非公認となりました。

 

その裏では何があったのでしょうか。

 

 

なぜ非公認になったのか

現役海女を含む一部の市民から

キャラクターの描写が性的で

女性蔑視に当たり

海女の信仰心を

踏みにじっているとして

市に公認撤回や

市内のポスターの廃止などを

訴えました。

署名には309人分の名前が

提出されました。

 

2015年11月5日公認を

撤回することが発表され

そして現在は非公認キャラと

なってしまいました。

 

ただ2015年10月29日に

中日新聞で掲載されたアンケートでは

デザインについて69.2%は問題ないと

回答しています。

母数がわかりませんでしたが

これならデザインの問題等というよりかは

ただ萌えキャラを押すことに反対の人が

多そうですね。

 

ただ非公認キャラとしても

活動が2016年3月下旬から始まっていますね。

スポンサードリンク


 

アニメ化決定!?

そんな碧志摩メグがアニメ化への動きを

加速させていることがわかりました。

 

今まではポスターのみでのPR活動でしたが

アニメ化が進むことによって

動画ができ

碧志摩メグが動いたり声を発したりと

もっといろんなPRができるようになりますね。

 

ただアニメ化というのは1クールというような

長いものではなく

30秒程度のものを企画しているそうです。

 

まだ声優なども決まっていませんね。

 

いつごろアニメというかCMが公開されるかというと

2017年3月を目途に企画しているそうです。

 

楽しみですね。

 

それでは三重県志摩市が

これから人気の場所となることを

願っております。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です