富田真由の現在…手記を公開!そこに書かれていた内容とは?

%e5%86%a8%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%b11

今回はシンガーソングライターとして

活躍されていた冨田真由さんについて

書いていきます。

彼女は2016年5月に

ストーカー被害にあって

体を20数か所刺されて

一時は意識不明の重体となりました。

意識を取り戻して今でも通院しています。

そんな冨田真由さんの手記が公開されました。

その内容について触れてみたいと思います。

スポンサードリンク


アイドル死傷事件について

事件は5月21日に

東京都小金井市で起きました。

 

シャトー小金井で行われたイベント会場の

入口で冨田真由さんが折り畳み式ナイフで

刺されました。

 

ネットでは目を刺されてえぐり取られたなどの

記述がありますが

目に関しては大丈夫なようです。

 

容疑者は岩埼友宏(いわざきともひろ)という人です。

漢字が岩崎ではなく岩埼なんですよね。

%e5%b2%a9%e5%b4%8e%e5%8f%8b%e5%ae%8f

現在は服役中ということで

刑務所で暮らしています。

彼はサイコパス診断でサイコパスと認定されたそうですね。

動機については正直よくわかりません。

サイコパスなんで!

 

「悪の教典」を思いだします。

 

 

冨田真由のプロフィール

%e5%86%a8%e7%94%b0%e7%9c%9f%e7%94%b1

生年月日:1995年10月12日

年齢:21歳

出身地:長野県千曲市

身長:158㎝

趣味:映画、音楽、スノーボード、ダンス

スポンサードリンク


シンガーソングライターでさらには

アイドルとして活動していました。

20数か所刺されて重傷となり

意識不明の重体となりました。

 

2週間ほど意識がなかったのだそうです。

 

9月上旬に退院していて

現在は病院に通院しているそうです。

 

 

冨田真由の現在

手や腕に傷がまだ残っており

これからその傷を目立たないようにする

手術を受けるそうです。

 

また体だけの傷ではなく

心の傷が深刻みたいです。

 

PTSDを発症していて

近くに男性がいたり

逃げられない空間(例えば電車)などに

耐えられないそうで

公共機関へは一人で乗れないとのこと。

 

 

PTSDとは心的外傷ストレス障害で

強烈な経験がストレスとなり

フラッシュバックなどを起こして

その経験がトラウマとなってしまうことです。

 

死ぬ直前まで行く経験でしたからね。

怖いのは当たり前です。

本人は相当怖い思いをしたでしょうし

こればかりは時間をかけて

本当にゆっくりと向き合っていくしかないと思います。

 

また目に傷などはないそうですが

出欠の量が多かったことから

脳梗塞を起こして

視野狭搾の症状がみられるそうです。

 

 

 

手記について

手記に関しては主に警察についての内容です。

 

警察への感謝の気持ちと

警察への対応についての苦言ですね。

 

事件が起こる前にすでに

冨田さんは警察にストーカー被害の件を

相談していたそうです。

ただ警察側は

忙しくてまともに相手にしてくれなかったそうです。

この件では事件後警察側が謝罪しております。

 

日本のストーカー被害報告は年間2万件と言われています。

2万件のうちどれが事件に発展するかなんて

正直警察側は分かりませんし

手に負えないというのは分かりますが

そこをなんとかしてほしいですね。

 

女性としてはまず友達や家族に相談するわけで

最終手段として警察に相談しているわけですから。

担当の部署を作るなどの

対策ができれば最高なんですけれどね。

 

最後に冨田真由さんの心身の体調が

よくなることをお祈りいたします。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です