原口一博が病気を告白!遺伝性の難病!病名や今後について!

%e5%8e%9f%e5%8f%a3%e4%b8%80%e5%8d%9a1

政治家の原口一博(はらぐちかずひろ)さんが

難病であることを告白しました。

 

今回は原口さんが抱える

遺伝性の難病について

病名や原口さんの今後について

明らかにしていきたいと思います。

スポンサードリンク


原口一博のプロフィール

%e5%8e%9f%e5%8f%a3%e4%b8%80%e5%8d%9a

原口一博さんは政治家です。

見たことある人が多いんではないでしょうか。

そんな原口さんのプロフィールから書いていきます。

生年月日:1959年7月2日

年齢:57歳

出身校:東京大学文学部卒業

所属:民進党佐賀第一選挙区総支部長

現在は民進党に所属しておりますが

昔は自民党にいました。

鳩山内閣のときに総務大臣も経験しております。

 

そんな原口一博さんが

難病であることを告白しました。

 

 

病名は

病名は「骨形成不全症」とみられます。

この病気は骨が折れやすくなる

国指定の難病です。

 

原口さんは

「困難を極める。子ども、姻族にまで迷惑が及ぶ。

その個体に遺伝がなければそこで私の難病は

後世には伝わりません。」

と述べていました。

遺伝的な難病なんですね。

 

またなぜ今の時期に発表したかについては

11月下旬に自宅で転倒し右腕を骨折したそうです。

検査の結果難病であることがわかりました。

 

発表した理由については

難病であるために解決のための

データの蓄積などのために公表に至ったそうです。

 

これからのこの病気の認知度が上がって

データが集まりやすくなるといいですね。

 

そんな原口さんにお子さんはいるのでしょうか。

 

 

子どもについて

原口一博さんには

原口大さんという音楽家の息子が

いるそうです。

 

2014年の選挙の時には

足を骨折した一博さんに代わって

マイクを握りました。

 

その結果見事当選!

素晴らしい息子に育ちましたね。

 

まだあまりメディアには進出していないようなので

これからもしかしたら

政界に進出されるかもしれませんね。

 

まだ子どものほうに難病という記事はありません。

 

 

原口一博の今後

原口さんは難病という事実を

突き付けられました。

 

そんな原口さんの今後はどうなるのでしょうか。

 

原口さん本人は

政治家をやめるつもりはないそうです。

これからも政治家として日本を変えていかれるのですね。

 

これからも日本をよくしていってください。

 

そのためにまずは体をお大事にしてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です